推進会議規約

(名称)
第1条
本会は、「福岡県バイオ産業拠点推進会議」と称する。

(目的)
第2条
本会は、産業界、大学等高等教育機関、行政が緊密に連携して、バイオ産業振興に係る研究開発、人材育成、関連企業の集積等を促進し、福岡県におけるバイオ産業振興の拠点化を推進することを目的とする。

(事業)
第3条
本会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。
(1)バイオベンチャー企業等の育成支援に関する事業
(2)バイオ関連企業誘致等に関する事業
(3)バイオに関する産学官の連携交流に関する事業
(4)バイオ産業振興に資するフォーラム、講演会等の開催
(5)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

(会員)
第4条
本会の会員は、本会の目的に賛同する団体及び個人により構成する。
(1)バイオ産業関連の研究開発・製造に関する企業及び個人
(2)バイオ産業の研究・教育を行う大学等高等教育機関及び個人
(3)バイオ産業の推進を目的とする行政機関及びその関係者
(4)その他、第2条の目的に賛同する団体及び個人

(入会)
第5条
入会を希望する者は、別に定める入会申込書を会長に提出し、その承認を得なければならない。

(退会)
第6条
会員は、退会しようとするときは、会長に届けなければならない。
2 本会の規約その他の規則を遵守せず、又は本会の名誉を毀損する行為があった時は、会長は当該会員を退会させることができる。

(役員)
第7条本会に次の役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 4名以内
2 必要に応じ「監事」を置く。
3 会長、副会長及び監事は、会員の中から総会において選任する。
4 役員の任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。
5 補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。
6 役員は、辞任又は任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。

(職務)
第8条
会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は会長が欠けたときは、会長があらかじめ指名した順序によって、その職務を代行する。
3 監事は、本会の会計を監査する。

(特別顧問)
第9条
本会に特別顧問を置くことができる。

(顧問)
第10条
本会に顧問若干名を置くことができる。
2 顧問は、総会の承認を得て会長が委嘱する。
3 顧問は、本会の運営に関する重要な事項について会長の諮問に応じる。
4 顧問の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

(総会)
第11条
総会は、必要に応じて会長が招集し、開催する。
2 総会は、本規約で別に定めるもののほか、本会の事業及び運営に関する基本的事項について審議、決定する。

(企画運営委員会)
第12条
事業の円滑な運営を行うために、本会に企画運営委員会を置く。
2 企画運営委員会の運営については別に定める。

(経費)
第13条
本会の運営に関する経費は、原則として補助金等、会費及びその他の収入をもってあてる。

(会計年度)
第14条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(事務局)
第15条
本会の事務を処理するため、株式会社久留米リサーチ・パークに事務局を置く。

(補則)
第16条
本規約に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。







福岡バイオバレープロジェクト FUKUOKA BIOVALLY PROJECT