第56回バイオ研究・ビジネス最前線 開催報告

「消費者庁 “機能性表示食品”の届け出を目指す皆様へ
         相談窓口・研究レビュー目利き調査のご紹介」

 福岡県バイオ産業拠点推進会議では、機能性表示食品の届け出を目指す企業を支援しています。「機能性食品相談窓口」を設置するとともに、今年度からは新たに、研究レビュー実施に向けた支援事業として目利き調査事業を開始(無料でご利用できます)しました。
 これらの事業をご紹介するために開催したところ、多くの皆様にご出席いただきました。大変ありがとうございました。
 目利き調査事業のご利用をお待ちしております。


開催日時:平成27年6月29日(月)14:00~16:10

開催場所:福岡県中小企業振興センター301会議室
     〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町9-15
 
講  師1:有限会社健康栄養評価センター
      代表取締役 柿野 賢一氏
     
内  容:「機能性表示食品制度の動向と対策」
      機能性表示食品の最近の情勢
      1.機能性表示食品制度化の背景
      2.機能性表示食品の定義
      3.ガイドラインのポイント
      4.国の関与の在り方
      5.届出資料で間違えやすいこと
      6.ビジネスにどう生かすか
     相談窓口について
      7. 福岡県による相談窓口と簡易事前調査
      8. 九州大学による目利き調査活用のメリット

講  師2:九州大学大学院農学研究院
       准教授 清水 邦義氏

内  容:新制度「機能性表示食品」にチャレンジする中小企業を支援します
     ~「目利き調査事業」とは~
      1.目利き調査事業の概要
      2.一次調査について
      3.詳細調査について
      4.臨床試験について
      5.成分分析について
      6.まとめ
 資料を交えて、丁寧で、詳しいご説明をいただきました。

参 加 者:95名
画像の説明

画像の説明

参加者感想/意見:
・制度そのものや事業のポイントについてわかりやすい説明ありがとうございました。
・申請までの流れが理解しやすく勉強になりました。
・とても参考になりました。