No.882

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.882
   ===================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
※今回は、九州大学先端融合医療創成センター ARO橋渡研究推進部門からの
 ご案内です。

☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆

九州大学病院キャンパスにおける,AMED医療分野研究成果展開事業
(先端計測分析技術・機器開発プログラム)説明会のお知らせ

☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆

【日時】平成30年2月14日(水)17時00分~18時00分

【場所】九州大学 病院キャンパス 総合研究棟2F 205室

AMED担当者との個別相談を受け付けております(要予約)ので,この機会を
是非有効にご活用下さい。お忙しいとは存じますが,奮ってご参加下さい。

【事業概要】
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)先端計測分析技術・機器開発
プログラムは、日本発の革新的医療機器につながる技術・機器・システムの開発を
目的としています。
AMED「オールジャパンでの医療機器開発」体制の最も初期フェーズで、新しい原
理や革新度の高い「技術シーズ」を核とし、10年程度後の実用化を目指す研究開発
課題を推進します。
本プログラムは、将来の医療の革新へつながる有望な「技術シーズ」を発掘・完成
させ(要素技術開発タイプ)、原理実証を行うプロトタイプ機を開発する(先端機
器開発タイプ)課題を推進します。生み出された成果は、将来的に新規の医療機器
等や今までに知られていないターゲット(マーカーや症状)の探索・解明を目的と
した計測分析機器等として製品化され、国内外の医療現場における普及と市場の獲
得を目指します。

本プログラムの推進対象には、医療機器等として診断機器に加えて治療機器、予防
用機器に関する提案も含みます。
医療機器等の他に、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関
する法律」(昭和35年法律第145号。以下、「薬機法」という。)上は医療機器で
はないが医療目的に用いられる機器に関する提案も対象とします。また、10年程度
後に新たな診断・治療・予防技術を創出するために、今までに知られていない(既
知でない)ターゲット(マーカーや症状)の探索解明を目的とした計測分析技術・
機器・システムに関する提案も対象とします。

【公募期間】平成30年2月 上旬 ~平成30年3月 下旬

【事前登録制・参加費無料】
説明会・個別相談とも,参加される方は事前にご一報頂きたく存じます。
ご所属・氏名・連絡先(Tel & E-mail),個別相談希望の有無を記載の上,
nw-info@med.kyushu-u.ac.jp までご連絡下さい。個別相談の調整をさせ
て頂きます。
当日はお名刺をご持参下さい。

【詳細】http://ardent-j.org/archives/4270/

【お問い合わせ】先端融合医療創成センター
        ARO 橋渡研究推進部門(塩塚・川島・鶴屋)

Tel: 092-642-4787  e-mail: nw-info@med.kyushu-u.ac.jp

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/