No.819

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
     福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.819
    ===================================
       事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
※今回は、福岡県 中小企業技術振興課からのご案内です。

===================================
     福岡先端ものづくりカイゼン促進・雇用創出プロジェクト
         「金型と新材料の生産技術革新講座」
     10月14日『産業用3Dプリンターと軽量化技術』のご案内
===================================
こんなお困りに、効きます!
〇産業用3Dプリンターの基礎的な内容を理解あるいは整理したい
〇産業用3Dプリンターの造形情報を具体的に生成してみたい 等々

本講座は、金属粉末を使用する産業用3Dプリンターについてより深く理解して
頂くための講座です。
まず、基礎的な内容として3Dプリンターの発展の歴史や造形プロセスなどを
解説いたします。次に、金属粉末を用いた造形物による適用事例および付加製
造法(AM:Additive Manufacturing)についての考え方を述べ、その適用
事例の一つとして、プラスチック射出成形金型に対する3次元状の冷却管の
設計とその運用について紹介いたします。
また演習として、産業用3Dプリンターに”OPM250L”の使用を想定し、造形用
CAMを用いた操作演習等を体験して頂きます。具体的な機器操作実演として、
産業用3Dプリンターへの取付および加工後の加工物の取り出しを実施予定です。
今年度は、操作端末を共有して頂く場合もありますが、造形情報生成のための
操作演習等の時間に重点をおいた演習を計画しています。

日 時: 10月14日(土) 9:00~16:00

場 所: 九州工業大学情報工学部 先端金型センター
     (飯塚市川津680-4) 
     http://www.iizuka.kyutech.ac.jp/public/access/

講 師: 株式会社 ソディック 

講座内容
  1.3Dプリンター概論
  2.金属粉末3Dプリンターの適用事例
  3.造形用CAMによる操作演習と造形実演
  4.質疑応答

定 員:15名

対 象:福岡先端ものづくりカイゼン促進・雇用創造プロジェクトの対象分野に属する
    福岡県内企業及びこれに新規参入を目指す福岡県内企業の社員等

受講料:無料

お申込・詳細:
  チラシ裏面の申込書により、FAXまたはメールにてお申込ください。
  https://www.monodukuri-fukuoka.jp/seminar_detail.php?sem_seq=59

申込先:(公財)飯塚研究開発機構
      研究開発部 川原・原田
      FAX 0948-21-2150 E-mail harada@cird.or.jp

お問合せ先:(公財)飯塚研究開発機構
       研究開発部 川原・原田
       TEL: 0948-21-1156 E-mail harada@cird.or.jp

■その他:(公財)飯塚研究開発機構では様々な講座を行っております。
      詳しくは、
      ホームページ    URL http://www.cird.or.jp/
      人材育成事業ページ URL http://www.cird.or.jp/jinzaijigyou.html

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/