No.687

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.687
  =======================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

九州大学 ARO次世代医療センターより、日本と台湾との日台合同シンポジウムの
ご案内を申し上げます。皆様のご参加をお待ちしております。

九大ARO次世代医療センター・台湾中央研究院
日台合同シンポジウム
日時 2016年10月26日(水)14:00~17:30 (開場13:30)
場所 九州大学コラボステーションⅠ 2階視聴覚室 (福岡市東区馬出3丁目1番1号)

PROGRAM

開会挨拶 14:00-14:05 
九州大学病院長 石橋達朗

挨拶 14:05-14:10  
中央研究院 前副院長 王惠鈞
Former Vice President, Academia Sinica, Dr. Andrew H.-J. Wang

講演 14:10-14:30 “Galectins and Inflammatory Diseases”
中央研究院生物医学科学研究所特別研究員・副院長/所長 劉扶東
Vice President, Academia Sinica, Dr. Fu-Tong Liu

講演 14:30-14:50 “The Kyushu University Center for Clinical and
Translational Research (CCTR), at a glance” 
九州大学ARO次世代医療センター長 中西洋一

講演 14:50-15:20 “Psychiatric Translational Research Focusing on
Microglial Inflammation Hypothesis Using Peripheral Blood”
九州大学大学院医学研究院精神病態医学 特任准教授 加藤隆弘 

講演 15:20-15:50 “Arrhythmogenesis: a Roadblock to Cardiac Stem Cell
Therapy”
中央研究院生物医学科学研究所特別研究員 謝清河
Distinguished Research Fellow, Institute of Biomedical Sciences, Academia
Sinica, Dr. Hsieh, Patrick Ching-Ho

休憩 15:50-16:00 

講演 16:00-16:30 “Development of Cell-Based Immunotherapies for
Intractable Malignancies- the Next Generation“
九州大学大学院薬学研究院革新的バイオ医薬創成学講座 教授 米満吉和

講演 16:30-17:00 “Targeting Phenotypic Adaptation of Cancer Cells to
Tumor Microenvironment: Challenges and Opportunities”
中央研究院生物化学研究所特別研究員・所長 陳慶士
Distinguished Research Fellow & Director, Institute of Biological Chemistry,
Academia Sinica, Dr. Ching-Shih Chen

パネルディスカッション 17:00-17:25 
座長:九州大学医学研究院次世代医療研究開発講座 教授 杉山大介
        
閉会挨拶17:25-17:30 
九州大学ARO次世代医療センター長 中西洋一

(参加費無料)
お問い合わせ:九州大学ARO次世代医療センター橋渡研究推進部門(担当:岩崎/川口)

Tel. 092-642-4802, E-Mail: edgeinfo@jsd.med.kyushu-u.ac.jp
主催:台湾中央研究院
    https://www.sinica.edu.tw/main_e.shtml
    九州大学ARO次世代医療センター
    http://www.med.kyushu-u.ac.jp/crc/
共催:九州大学大学院医学研究院次世代医療研究開発講座
    http://jisedai.med.kyushu-u.ac.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/