No.682

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.682
   ====================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
※今回は、㈱久留米リサーチ・パーク 研究開発部から交流会のご案内です。

★―――――――――――――――――――――――――――――――――――

   平成28年度久留米・鳥栖地域産学官テクノ交流会の開催について

――――――――――――――――――――――――――――――――――――★

テーマ:3次元CADとCAE(コンピューターシミュレーション)が中小企業を強くする!

 モノづくり中小企業にも徐々に導入されてきた3D-CADですが、
未だほとんどが製図ツールとしてしか活用されていないのが現状です。

3D-CADデータの活用の仕方によっては劇的に設計開発の業務効率アップを図る
ことができ、更に自社独自のCAE技術を構築することで、強力な企業競争力を
手に入れることができます。

 そこで本年度のテクノ交流会では、3D-CADとCAEの有効活用術と可能性に
ついて講演するとともに、地域企業の活用事例を紹介し、今後の中小企業の
取り組みについて考える機会として開催します。
 今回は特に、講師自らが開発に携わった実車を展示し、具体的な開発例を元に
講演していただきます。

 多くの皆様にご参加いただきますようご案内申し上げます。

【日 時】 平成28年11月8日(火)13:00~18:30

【会 場】 久留米リサーチセンタービル展示場(久留米市百年公園内)
      http://www.krp.ktarn.or.jp/008_Access/index.html

【参加費】 講演会 無料 懇親会1,000円/人

【内 容】
■基調講演 (13:40~15:10)
 演題:シミュレーション技術が拓く製品開発~3D-CADとCAEの真の活用術とは~
 講師:久留米工業大学 交通機械工学科 学科長・教授 東 大輔 氏

■講演 (15:20~15:45)
 演題:CAEを活用したものづくり中小企業支援
 講師:福岡県工業技術センター機械電子研究所 機械技術課 課長 吉海和正 氏

■三次元CAD及びCAEの企業活用事例紹介 (15:45~16:30)
  株式会社メイホーR&Dセンター 生産技術グループグループリーダー 芳賀善九 氏

■展示説明 (16:30~17:00)

■懇親会 (17:00~18:30)

◆展示コーナー(22ブース)

※詳細は下記ホームページからご覧になれます。
http://www.krp.ktarn.or.jp/Information/index.php?n=00160

【申込方法】
上記ホームページより参加申込書をダウンロードいただき、
FAXまたはメールでお申込みください。

【申込・お問い合わせ先】
(株)久留米リサーチ・パーク 研究開発部 姫野・長坂
 FAX: 0942-37-6367 TEL: 0942-37-6114
 E-mail: mono@krp.ktarn.or.jp

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/