No.653

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.653
   ====================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今回は、九州大学大学院医学研究院次世代医療研究開発講座/
九州大学ARO次世代医療センターからのご案内です。

 九州大学大学院医学研究院次世代医療研究開発講座/九州大学ARO次世代医療
センターでは、米国のNIH(国立衛生研究所)/NCATS(National Center for
Advancing Translational Sciences; https://ncats.nih.gov/) の Senior Advisorを務めるSitta Sittampalam博士を、平成28年8月1日~平成28年9月
30日、招聘しました。

 NCATSは米国の橋渡し・臨床研究を推進させるための共通基盤センターとして、
2011年に設立された最も新しい研究機関です。TRND、BrIDGsなど、ユニークな
グラントシステムを有し、米国の橋渡し研究を牽引しています。
 Sittampalam博士はNCATSにおける指導的立場であり、新薬開発、ハイスルー
プットスクリーニング(HTS)解析とその技術開発において豊富な経験をお持ちで
す。現在は希少疾患、再生医療、腫瘍細胞工学、3Dバイオプリンティング技術の
研究・指導に従事されています。

 つきましては、平成28年8月10、12、15、17、19、24日(17:30~19:00)
橋渡し研究に関する短期集中講義(全6回)を開催します。
 皆様のご参加をお待ちしております。

Dr. G. Sitta Sittampalam has been in Kyushu University and he is giving an
intensive course lecture during 10th -24th August.

                 記

【講義タイトル】
トランスレーショナルサイエンスと新薬の発見から創薬まで
 ~基礎から臨床における多角的・学際的コラボレーション~
Title: Translational Sciences & Pre-clinical Drug Discovery:
    Multi Disciplinary Collaborations from Bench-to-Bedside.

【日時・会場】
第1回 平成28年8月10日(水)17:30~19:00 
第2回 平成28年8月12日(金)17:30~19:00 
第3回 平成28年8月15日(月)17:30~19:00 
第4回 平成28年8月17日(水)17:30~19:00 
第5回 平成28年8月19日(金)17:30~19:00 
第6回 平成28年8月24日(水)17:30~19:00

会場:九州大学馬出キャンパス基礎研究A棟第一講義室
  (全6回同じ会場になります)

    下記URL中央の【病院周辺地図】の【医学部基礎研究A棟】です。
     http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/access/index.html
    福岡市東区馬出3-1-1

【講義内容詳細】
 この短期集中講義では、創薬におけるトランスレーショナルサイエンスや
新薬の適応疾患の選択において必要となる重要な科学的概念やプロセスに
ついて学びます。
 本講義では、患者への安全かつ有効な治療法の開発を促進させるために、
医化学、創薬アッセイ、ハイスループットスクリーニング、リード最適化、
薬理学、毒物学、薬剤学といった多様な学問をとおして、基礎的な生物学の
知見及び臨床上のニーズを観察することを重要視しています。

※このコースは、学士レベル相当の化学、生化学、生物学、統計学の知識が
 あることを前提としています。

Abstract: In this intensive short course, we will discuss major scientific
concepts and processes required translational sciences in pre-clinical drug
discovery and clinical candidate selection. The lectures will emphasize that
basic discoveries biology, and the observations in the clinic needs to be
linked through multiple disciplines such as medicinal chemistry, assay
development, high throughput screening, lead optimization, pharmacology,
toxicology and pharmaceutics to advance a safe and effective treatments to
the patients.

The course will assume Bachelor of Science degree level knowledge of
chemistry, biochemistry, biology and statistical concepts.

【事前登録制】
参加希望の方は以下の川口もしくは串崎宛に参加希望の旨ご連絡下さい。
当日の参加も可能ですが、事前登録された方を優先させていただきます。

【担当】
福岡市東区馬出3-1-1
九州大学ARO次世代医療センター
橋渡研究推進部門 川口・串崎
E-mail: stemcell@med.kyushu-u.ac.jp
TEL:092-642-4802

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/