No.644

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.644
   ====================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※今回は、九州大学 医学研究院次世代医療研究開発講座からの講演案内です。

九州大学 医学研究院次世代医療研究開発講座より、講演のご案内を申し上げます。
皆様のご参加をお待ちしております。

1.日 時:

平成28年7月15日(金)17:00~18:15

2.場 所:

九州大学 病院キャンパス 基礎研究A棟 第1講義室
※下記URL中央の【 病院周辺地図 】うち、【 医学部 基礎研究A棟 】になります。

http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/access/index.html

3.演 題:

1)
法に則った開発のための非臨床データの取り方(信頼性基準とGLP)

  九州大学 ARO次世代医療センター 特任講師 一鬼 勉 先生

2)
What I learned from NIH/NCATS ~橋渡しサイエンスにおけるNIHの取り組み~

  九州大学大学院医学研究院 次世代医療研究開発講座 講師
  ARO次世代医療センター 橋渡研究推進部門 国際連携担当 小島 直子 先生

医療分野の基礎から臨床、実用化までの一貫した研究開発や環境の整備、
助成を行う日本医療研究開発機構(AMED)ができてから1年が経過した。
AMEDのモデルともなったNational Center for Advancing Translational Sciences
(NCATS) は、米国の新薬開発における『死の谷』を橋渡しするための様々な
プロジェクトを推進すべく2011年12月に設立された。その中でも
Therapeutics for Rare and Neglected Diseases (TRND) programは、
企業が開発を積極的に行わない希少疾患や顧みられない疾患にターゲットを絞り、
治療薬の開発を資金提供に寄らない方法で支援している。本講習会では、
その他にも40日間の滞在中に学んだNCATSの治療法開発戦略における
画期的な様々な取り組みについて紹介したい。

司会:
九州大学 ARO次世代医療センター センター長 中西洋一
九州大学医学研究院 次世代医療研究開発講座 教授 杉山大介
   
4.参加費: 無料

5.申込み: 不要

○主催:
九州大学医学研究院次世代医療研究開発講座
Tel 092-642-6210 fax 092-642-6146
E-mail:info-jsd@jsd.med.kyushu-u.ac.jp

○共催:
九州大学 ARO次世代医療センター

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/