No.638

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.638
  =======================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
※今回は、九州大学 医学研究院次世代医療研究開発講座からの講演案内です。

九州大学 医学研究院次世代医療研究開発講座より、講演のご案内を申し上げます。
皆様のご参加をお待ちしております。

1.日 時:

平成28年7月6日(水) 17:30~19:00

2.場 所:

九州大学 病院キャンパス 基礎研究A棟 第1講義室
※下記URL中央の【 病院周辺地図 】うち、【 医学部 基礎研究A棟 】になります。
http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/access/index.html

3.演 題:
 1)「臨床研究に係る改正個人情報保護法の動向」
   ARO次世代医療センター 特任講師 河原 直人 先生

 2)「大学発ベンチャー成功のポイント」
   ペプチドリーム(株) 窪田 規一 先生

京都大学・山中教授のiPS細胞の発明によるノーベル賞受賞に代表されるように、
わが国はバイオ基礎研究の分野において目覚しい成果をあげている。
しかし、ビジネス面からみるとバイオ分野は欧米に比べ成功しているとは言い難い。
「技術で勝ってビジネスで負ける」と揶揄される所以である。
その理由の大きな点として欧米に比べわが国のバイオビジネスの歴史は浅く、
ビジネスモデルが未熟だと言われている。
ペプチドリームは創業計画時よりグローバルなビジネス展開を前提に
「戦って勝ち残れるビジネスモデル」の構築に努め実践してきた。
今回の講演ではペプチドリームの技術体系の紹介から、
どの様にして国内外大手製薬企業16社+1社とのビジネス展開を進めているのか、
その秘密(?)に関してエッセンスをお伝えしたい。

司会: 九州大学医学研究院 次世代医療研究開発講座 教授 杉山大介
   
4.参加費: 無料

5.申込み: 不要

○主催:
九州大学医学研究院次世代医療研究開発講座
Tel 092-642-6210 fax 092-642-6146
E-mail:info-jsd@jsd.med.kyushu-u.ac.jp

○共催:
九州大学 ARO次世代医療センター
九州大学グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/