No.598

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.598
  =======================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
※今回は、九州産業大学からのご案内です

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

  平成27年度KSU医療診断技術開発センター年次報告会開催(案内)

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
 このたび、九州産業大学医療診断技術開発センターでは、次のとおり、成果報告
会を開催することといたしましたので、ご案内申し上げます。

【開催趣旨】
 当センターは、本学の新規蛍光色素のシーズを医療診断技術へ展開する実用化
拠点として平成26年4月より研究活動を開始しました。
今回、この研究活動の成果報告のトピックスとして、蛍光電子顕微鏡(FL-SEM)の
研究成果について発表させて頂きます。

また、研究メンバーの医療技術総括である木山亮一博士により、新規蛍光色素
「Fluolid」の応用をテーマとした基調講演を行い、本プロジェクトが医療分野
に果たす役割について理解を深めて頂きたいと考えています。

【プログラム】

・テーマ:研究センター年次報告と医療診断技術へのアプローチ
・実施日:2016年3月23日(水)
・場 所:九州産業大学 8号館 8213教室
・主 催:九州産業大学 医療診断技術開発センター
・司会:礒部所長
・参加無料

13:30~13:33 学長挨拶(山本学長)
13:33~13:40 趣旨・概要説明(礒部所長)

13:40~15:10 基調講演
・講演「新規蛍光色素「Fluolid」を用いたがん診断などの医療技術へのアプローチ」
   国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門
   上級主任研究員 木山 亮一氏(40分、質疑5分)

15:10~15:55 成果報告
・報告「世界初の自動搬送型高分解能”FL-SEM”」
   国立大学法人 九州大学病院 中央形態分析室
   電子顕微鏡アドバイザー 金丸 孝昭氏(40分、質疑5分)

(休憩・移動15分)

16:10~16:40 蛍光電子顕微鏡 装置見学
          (7号館5階医療診断技術開発センター内)

16:40~16:45 おわりの挨拶(礒部所長)

【受付・申込】
当日受付にて、お名刺を頂戴させて頂きます。(事前申込は必要ございません)

【お問い合わせ】
九州産業大学学術研究推進機構 産学連携支援室 担当 橋本
TEL:092-673-5486 Email: mhashi@ip.kyusan-u.ac.jp

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
 fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/