No.581

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.581
   ===================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

         第61回バイオ研究・ビジネス最前線
      「機能性表示食品セミナー」開催について(ご案内)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

概 要:今回は全国で1番多く特定保健用食品の許可を取得されており、また、
多くの機能性表示食品を手掛けられている株式会社東洋新薬の鍔田仁人氏と、
福岡県バイオ産業拠点推進会議が実施しております「機能性食品相談窓口 
目利き調査」をご担当いただいております九州大学大学院農学研究院の准教授
 清水邦義氏を講師としてお迎えし、下記のとおりセミナーを開催いたします。

皆様には、奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

【開催日時】  平成27年12月8日(火)14:00~16:00

【開催場所】  久留米リサーチ・センタービル 2階 研修室E
         〒839-0864 久留米市百年公園1番1号

【内  容】
◎機能性食品相談窓口、目利き調査事業の紹介(14:00~14:10)

◎「機能性表示食品開発の取組みと見えてきた課題」(14:10~15:00)
・企業概要、これまでの取組みについて
・機能性表示食品とは
・臨床試験、研究レビュー、消費者庁届出への対応と課題新制度に対応した
 戦略やビジネスモデルについて
・今後目指す開発の方向性について

*講  師:株式会社東洋新薬 研究推進室マネージャー 鍔田 仁人 氏

◎「目利き調査事業から見えてきた課題を
        産学連携研究でいかに解決するか?」(15:00~15:50)
・目利き調査事業概要
・目利き調査事業から見えてきた課題
~関与成分の分析と臨床試験の重要性~
・産学連携研究により解決すべき課題

*講  師:九州大学大学院 農学研究院 准教授 清水 邦義 氏

◎質疑応答(15:50~16:00)

【定員/参加費】50名/無料

お申し込み、詳細はこちらをご確認ください。
http://fbv.fukuoka.jp/index.php?61saizensen-annai

照会先:㈱久留米リサーチ・パーク(TEL:0942-37-6124)担当:木下、北島

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
 fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/