No.516

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.516
   ========================================
        事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

    第54回バイオ研究・ビジネス最前線(久留米バイオカレッジ)
   「新機能性表示制度に向けた食品の開発
     ~べにふうき緑茶等の取り組み~」の開催について(ご案内)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

概 要:食品の新たな機能性表示制度(新制度)のガイドラインの策定が消費者庁で
進められています。以前より、べにふうき緑茶のアレルギー抑制作用等を研究され、
現在、機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクト(平成24年~27年)を進めら
れている農研機構 食品総合研究所 山本(前田)万里 氏より、製品化事例・状況
についてご講演いただきます。
奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時:平成27年2月9日(月)14:00~16:00

開催場所:久留米リサーチセンタービル2階 研修室E
      〒839-0864 久留米市百年公園1番1号
 
講  師:(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所
      食品機能研究領域長 山本(前田)万里 氏

内  容:
アレルギー予防食品開発のために、約40品種の茶葉について抗アレルギー
作用を検定したところ、”べにふうき”に多く含まれるメチル化カテキン等が、
花粉症やアトピーなどのアレルギーを抑制する作用があることが判りました。
現在、食品の機能性表示制度の改革が進められていますが、  
1.べにふうき緑茶の抗アレルギー作用(作用機作、ヒト介入試験による実証)
  と製品開発
2.農研機構機能性食品開発プロジェクトでの機能性農産物開発
3.新たな機能性表示制度と機能性農産物の表示について
等の機能性食品の製品開発事例・状況をご紹介します。

定員/参加費:50名/無料

お申し込み、詳細はこちらをご確認ください。
http://fbv.fukuoka.jp/

照会先:㈱久留米リサーチ・パーク(TEL:0942-37-6124)担当:木下、北島

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
 fbv@@krp.ktarn.or.jpまで
(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/