No.492

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.492
  ======================================
        事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

  第49回バイオ研究 ・ ビジネス最前線(久留米バイオカレッジ)
 「知財のポイント・活用 ~主に食品・アグリ・バイオ系を中心として~」開催に
  ついて(ご案内)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

概 要:医療機器・医薬、農産物、食品、発酵(微生物)、環境バイオ等バイオテクノロジー分野は幅広く、その技術も広範囲に及びますが、その保護のためにも知財戦略は重要であると考えられます。そこで今回、久留米市内に事務所を構え、地場企業の特許や商標等について多くの事例を手掛けておられます原弁理士を講師に迎え、下記講座を開催いたします。

会員の皆様には、是非、奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

開催日時:平成26年9月26日(金)14:00~16:00
開催場所:久留米リサーチセンタービル2階 研修室D
       〒839-0864 久留米市百年公園1番1号

講  師:原特許事務所 弁理士
      所長 原 信海 氏

内  容:近年、特許・商標といった知的財産権(知財)を自社の経営に積極的に取り入
     れる企業が増えております。
      一方で、食品・アグリ・バイオ系の産業において知財を取得・活用するには、
     他の産業界には無い特有の ポイントが存在します。
      本講座ではかかる産業における知財取得のポイント及び活用例などについて
     ご紹介します。

定員/参加費:30名/無料

お申し込み、詳細はこちらをご確認ください。
福岡バイオバレープロジェクト(福岡県バイオ産業拠点推進会議)ホームページ 
http://fbv.fukuoka.jp/

照会先:㈱久留米リサーチ・パーク
担当:木下・北島 TEL:0942-37-6124

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
 fbv@@krp.ktarn.or.jpまで(ご利用時は@を一つ削除して下さい。)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/