No.385

差出人: "福岡県バイオ産業拠点推進会議" <fbv@krp.ktarn.or.jp>
宛先: "BIOメルマガ確認メール" <bio@ml.krp.ktarn.or.jp>
件名: バイオ推進会議からのお知らせ:No,385
日時: 2013年2月8日 15:46

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.385  
  =======================================
        事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 *******************************************************************
            久留米テクノブリッジを開催します!!
 *******************************************************************

◎◎今年のテーマは「超高齢社会と食」◎◎
超高齢社会へと突入した日本。
高齢者の「食」をめぐって現在何が起きているのか
何が求められているのか市場のニーズは何か

縮小していく市場を切り拓く手助けとなる特許技術を紹介!
「医療」と「食」のまち久留米で、医療・介護食分野へ新規参入しませんか?

ブース展示や出展企業との商談会も同時に行っております。

◎◎ここが見どころ、聞きどころ◎◎
 基調講演:「高齢化社会を考える-日本のフードデザート問題の現状-」
 13:05~
 講師:広島修道大学 人間環境学部人間環境学科  佐々木 緑 氏
 内容:日本におけるフードデザート(食の砂漠化)問題、高齢化社会での「食」問題、 食品や流通に関する新商品やビジネスモデルを開発するためのポイントなどについて講演いただきます。

<特許技術発表> 
 15:00~
①:広島県立総合技術研究所 食品工業技術センター 
  「広島発!凍結含浸法が高齢者・介護食のあり方を問う」
②:株式会社 信州TLO
  「高齢者食に応用可能な酵素処理による親芋ペースト食品の製造法」
③:福岡県工業技術センター 機械電子研究所
  「殺菌効果のあるオゾンガスを含有したオゾン氷の開発」
④:株式会社 優しい研究所
  「飲み込んでも安全、植物由来乳酸菌の優しい口腔ケア」
⑤:株式会社 ワコー
  「茶葉などの植物有用成分の低温抽出装置」
⑥:バイオボックス株式会社
  「規格外農産物を使った一次加工業務の展開について」

◆日  時:平成25年2月22日(金)
       12:00~17:30
◆会  場:久留米ビジネスプラザ(〒839-0801 福岡県久留米市宮ノ陣4丁目29-11)

◆対  象:どなたでも
      (医療・介護現場の方、食分野での新商品開発を考えている方、6次産業化、農商工連携を考えている方)
◆定  員:100名(先着)
◆料  金:無料
◆締 切 り:定員になり次第締め切り
◆申込 み:下記URLのフォームから申込みいただけます。
     フォーラムの詳しい情報(チラシ)とFAXによる申込書もダウンロードできます。
        http://www.kurumebp.jp/news/post-44.html
◆申し込み・問い合わせ先:株式会社 久留米ビジネスプラザ
FAX:0942-31-3107  Tel:0942-31-3104
           E-mail:office@kurumebp.jp

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@krp.ktarn.or.jpまで
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/