No.335

差出人: "福岡県バイオ産業拠点推進会議" <fbv@krp.ktarn.or.jp>
宛先: "BIOメルマガ確認メール" <bio@ml.krp.ktarn.or.jp>
件名: バイオ推進会議からのお知らせ:No,335
日時: 2012年5月25日 14:06

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
       福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.335
 =======================================
         事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     国際環境化学および環境毒性学会のご案内
    (SETAC Asia/Pacific 2012 Meeting at Kumamoto)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「SETAC AP 2012 meeting」が熊本全日空ホテル・ニュースカイで開催されます。

SETAC(Society of Environmental Toxicology and Chemistry)は環境化学・環境毒性に関する大規模な国際学会で、環境化学、環境毒性学、バイオアッセイ、POPs、水銀などの環境負荷物質やグリーンケミストリー、環境浄化手法、新エネルギー、バイオマス低炭素化、循環型社会構築にかかわる多くの研究者が国内のみならず
アジア、オーストラリアから参加します。

また、来年度熊本で開催予定の水銀国際会議・水銀条約締結に向けて国立水俣病総合研究センターとの共催のシンポジウムも企画されております。
 
日本では10年ぶりの開催となりますこの機会を、環境保全等に取り組まれる皆様の情報収集の場として利用されますよう、学会へのご参加をお待ちしております。

◇SETAC Asia/Pacific 2012 Meetingの開催概要

・期間:2012年9月24日(月)~27日(木)

・会場:熊本全日空ホテル ニュースカイ

・参加者:環境化学、環境毒性に関わる国内、アジア、オーストラリア等
    の主要な研究者約500名参加予定(国内200名、海外300名の予定)

・主催:SETAC Asia/Pacific unit(アジア・太平洋支部)

・共催:日本環境化学会、日本環境毒性学会、日本水環境学会、日本薬学会
    国立水俣病総合研究センター、日本化学会、日本分析化学会等

・後援:環境省(申請中)、熊本県、熊本市、水俣市、環境ホルモン学会
    熊本県立大学 他

・参加費   非学会メンバー(8月24日以前の登録)80,000円

詳細はSETAC Asia/Pacific 2012 Meeting at Kumamotoの
ホームページ(http://www.setac-kumamoto2012.org/)を参照下さい。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@krp.ktarn.or.jpまで
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/