No.330

差出人: "福岡県バイオ産業拠点推進会議" <fbv@krp.ktarn.or.jp>
宛先: "BIOメルマガ確認メール" <bio@ml.krp.ktarn.or.jp>
件名: バイオ推進会議からのお知らせ:No,330
日時: 2012年5月10日 10:42

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
       福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.330
 =======================================
         事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
              久留米大学からのお知らせ
                 講演会のご案内
◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

<題目>
自然免疫系による腸管炎症の制御機構

<講師>
竹田 潔 教授
(大阪大学大学院医学系研究科感染免疫医学講座免疫制御学)

<日時>
平成24年5月30日(水)17時~18時30分

<場所>
教育1号館 1501教室

「講演要旨」
 免疫応答を獲得免疫系とともに担う自然免疫系の活性異常が、これまで獲得免疫系を中心にその原因が語られてきた全身性エリテマトーデス、炎症性腸疾患などいくつかの免疫疾患の発症にも深く関わっていることが明らかになってきている。われわれは、これら免疫疾患の中でも炎症性腸疾患をモデルとして、自然免疫系の活性制御機構の破錠と炎症性腸疾患の関係について解析している。また、腸管粘膜固有層には、他のリンパ組織には依存しない特有の自然免疫系細胞が存在し、これら細胞が、腸内細菌との相互作用により、Th17細胞誘導や、炎症反応抑制など、腸管粘膜特有の免疫応答を誘導している。
 本講演では、腸管粘膜免疫応答の自然免疫系による制御について最近の成果を紹介したい。

★★☆-----------------------------------------------
お問合せ先
〒830-0011 福岡県久留米市旭町67
Tel:0942-31-7744 Fax:0942-31-7745
久留米大学先端癌治療研究センター がんワクチン分子部門
山田 亮(内線3350)
 -----------------------------------------------☆★★

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
  fbv@krp.ktarn.or.jpまで
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/