No.319

差出人: "福岡県バイオ産業拠点推進会議" <fbv@krp.ktarn.or.jp>
宛先: "BIOメルマガ確認メール" <bio@ml.krp.ktarn.or.jp>
件名: バイオ推進会議からのお知らせ:No,319
日時: 2012年1月25日 11:47

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No,319
========================================
     事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
          久留米大学先端癌治療研究センター
                市民公開講座
       「がん治療の最前線」~ここまで進んだがん治療~
◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

日時:平成24年2月4日(土)
    午後1時30分 ~ 3時 ( 午後1時開場 )
 入場無料 ( 予約不要、直接会場にお越しください )
 会場:エルガーラホール・7階多目的ホール( 福岡市中央区天神1-4-2 )

21世紀のがんの治療は目覚ましく進歩しています。最新のがんの治療について
解説し、会場の皆様の疑問にお答えします。

総合司会:鹿毛 政義

1. ご挨拶
  久留米大学先端癌治療研究センター所長       教授 山田 亮 
2. 講演
 1) がんワクチン療法
   久留米大学先端癌治療研究センター        教授  野口 正典
 2) がんの分子標的治療
   久留米大学医学部血液・腫瘍内科         教授  岡村 孝
 3) 多様ながん治療戦略
   肝癌を例に―ラジオ波焼却法、肝動脈塞栓術、肝移植、エタノール注入
   久留米大学先端癌治療研究センター       教授  鳥村 拓司
 
3. 公開討論
パネリストならびに会場参加者との討論会

主催:久留米大学先端癌治療研究センター

後援:福岡県・久留米市・九州北部学術研究都市整備構想推進会議(アジアス九州)
・福岡県バイオ産業拠点推進会議・久留米学術研究都市づくり推進協議会
・毎日新聞社・朝日新聞社・西日本新聞社・読売新聞西部本社

★★☆------------------------------------------------------
お問い合わせ先:
久留米大学先端癌治療研究センター 分子標的部門
(TEL: 0942-31-7748、FAX: 0942-31-7749)
 -------------------------------------------------------☆★★

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
   fbv@krp.ktarn.or.jpまで
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/