No.304

差出人: "福岡県バイオ産業拠点推進会議" <fbv@krp.ktarn.or.jp>
宛先: "BIOメルマガ確認メール" <bio@ml.krp.ktarn.or.jp>
件名: バイオ推進会議からのお知らせ:No,304
日時: 2011年10月5日 14:00

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No,304
=======================================
    事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ロボット産業振興会議事務局です。

このたび、日中産学官交流機構との共催により、
「日中韓ロボット研究者交流ワークショップ」を開催いたします。

日本・中国・韓国のロボット研究者・技術者が会し、
「ロボットの社会実装を通じた実用化について」をテーマに、
各国の国家プロジェクトや産業化の状況をご発表いただくとともに、
次世代ロボットの実用化に向けた3国の協力などについて
討論を行う予定です。

また、原発事故対応ロボットなど、トピカルな話題の講演もあります。
詳細は、下記及び添付のチラシをご覧下さい。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 *******************日中韓ロボット研究者交流ワークショップ********************
       http://www.f-robot.com/topix/topix.html

1.日 時:平成23年11月7日(月) 9:00~17:00

2.場 所:北九州国際会議場 1階 メインホール
       〒810-0004 福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30
       http://www.convention-a/jp/access/

3.参加費:無料 

4.主 催:日中産学官交流機構、中国科学技術部高新技術発展及産業化司
       韓国知識経済部

5.共 催:ロボット産業振興会議、情報通信研究機構、産業技術総合研究所
       日本原子力研究開発機構、科学技術振興機構研究開発戦略センター
       中国科学技術部高新技術研究発展センター 韓国産業技術評価管理院
       福岡県 福岡市 北九州市

6.プログラム:
  ■開会式(9:00~9:45)
   ・開会挨拶
   ・日中韓各国の代表者挨拶

  ■国家プロジェクト紹介(9:45~11:00)
   ・「次世代ロボット知能化技術開発」
      佐藤知正 氏(東京大学大学院情報理工系研究科教授)
   ・「サービスロボットにおける中国の国家計画-2011年度~2015年度-」
      王田苗 氏(北京航空航天大学機械工程及自動化学院院長)
   ・「韓国政府による先導的ロボットプロジェクト」
      Eui-Jin Jun 氏(韓国ロボット産業研究所プロジェクト主任)

  ■トピカル講演(11:00~12:30)
   ・「東日本大震災及び原子力発電所事故におけるロボット技術の活用」
      淺間一 氏(東京大学大学院工学系研究科教授)
   ・「日本原子力研究開発機構の原子力防災ロボット
                 -福島第一事故緊急対応の概要と教訓-」
      川妻伸二 氏((独)日本原子力研究開発機構福島支援本部復旧支援部
            技術主席兼遠隔操作技術室長)
   ・「中国における低侵襲手術のロボットシステム研究」
      付宜利 氏(ハルピン工業大学教授)
   ・「韓国における原子力発電所のロボット活用の現状と未来」
      Seung-Ho Kim 氏(韓国原子力研究所核収斂技術部門長)

   ~昼休み(12:30~13:30)~

  ■産業界等からの発表(13:30~15:30)
   ・「ヒューマンアシストロボットへの取り組み」
      南善勝 氏(㈱安川電機ロボット事業部長)
   ・「プラントメンテナンスへのロボット化の取り組み」
      和田秀樹 氏(新日本非破壊検査㈱メカトロニクス部課長)
   ・「ロボットとの音声による対話」
      柏岡秀紀 氏((独)情報通信研究機構知識創成コミュニケーション研究センター 音声コミュニケーション研究室長)
   ・「上海電気におけるサービスロボット研究」
      楊軍 氏(上海電気集団股?有限公司中央研究院主任)
   ・「産業用スーツ型ロボットの開発」
      Jeong-Yeob Lee 氏(現代ロテム会社R&D研究所主任研究技官)

   ~休憩(15:30~15:45)~

  ■パネルディスカッション(15:45~16:45)
   テーマ「ロボットの社会実装と実用化への展望」
   モデレータ:長谷川勉 氏(九州大学大学院システム情報科学研究院教授)
   パネリスト:野田幸之輔 氏(㈱安川電機開発研究所長)
          佐藤知正 氏(東京大学大学院情報理工系研究科教授)
          ?振邦 氏(上海大学精密機械研究所教授)
          Young-Jo Cho 氏(韓国電子通信研究院副院長)

  ■閉会式(16:45~17:00)

7.申込方法
   ○別添ファイルのチラシ裏面に必要事項を記載し、
     日中産学官交流機構あてFAXにてお申し込みください。
   ○同内容(会社名、住所、氏名、TEL、E-mail)を記載のうえ、
     E-mailにてもお申し込みいただけます。

8.申込先
   日中産学官交流機構 苅部
   FAX:03-3556-9456
   E-mail:nicchu@mva.biglobe.ne.jp

9.お問い合せ先
★★☆-----------------------------
   ■日中産学官交流機構 苅部
     TEL:03-3556-9455
     E-mail:nicchu@mva.biglobe.ne.jp
   ■ロボット産業振興会議 高倉、末廣
     TEL:092-643-3445
     E-mail:robot@f-robot.com
 -----------------------------☆★★
    
是非ご参加ください!

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
fbv@krp.ktarn.or.jpまで
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/