No.279

差出人: "福岡県バイオ産業拠点推進会議" <fbv@krp.ktarn.or.jp>
宛先: "BIOメルマガ確認メール" <bio@ml.krp.ktarn.or.jp>
件名: バイオ推進会議からのお知らせ No.279
日時: 2011年2月23日 16:34

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 №279
===========================================
      事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第5回 バイオ研究・ビジネス最前線のお知らせです。

食物・農産物の機能性と販売促進に関する研修会
(第5回 バイオ研究・ビジネス最前線)

開催日時 : 平成23年3月9日(水) 13:30~
会   場 : 久留米リサーチ・パーク 研修室E
          (久 留 米 市 百 年 公 園 1 番 1 号)
主   催 : 福岡県バイオ産業拠点推進会議
共   催 : 福岡県工業技術センタークラブ バイオ技術部会 食品開発研究会
定員50名  無料

 バイオバレープロジェクトではバイオ関連産業の創出・支援を目指し、がんペプチドワクチンを中心とする「創薬」「バイオツール」の開発に取り組む一方で、今後、人の生活に普遍的なテーマである「食」に関連して、新たな柱として重点的に取り組む方向性を皆さんと確認し、考え、検討するためのセミナーを開催します。
 今回は慶應義塾大学教授で㈱アップウエル取締役の井上浩義先生に、食品の付加価値と素材のことについて、また久留米大学教授の駄田井先生に筑後川流域ブランドに関する話をいただきます。
 皆さま奮ってご参加くださいますようお願いいたします。

■プログラム
■開会挨拶 13:30~
■ 13:40 ~ 15:10
    講演1 「高付加価値食品 ~身近な素材、ちょっとした工夫~」
         慶應義塾大学教授  ㈱アップウエル取締役  井上浩義 氏
 -自ら健康補助食品の会社も立ち上げ、食と健康のエキスパートとして研究に取り組まれています。 また、日本TVの「世界一受けたい授業」に出演し、ナッツ類の機能性について解釈をされ好評を博しました。-

■ 15:10 ~ 16:40
    講演2 「筑後川流域ブランド販売促進手法について」
           久留米大学教授  駄田井 正 氏

-筑後川流域連携倶楽部(NPO)理事長として、県境にまたがる流域ブランドの活性化や市場流通を目指し、研究に取り組まれています。-

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

             申 込 書(FAX:0942-37-6367) 
             (食物・農産物の機能性と販売促進に関する研修会)

  会 社 名  :                             

  連 絡 先  : TEL              FAX           

  参加者氏名 :              部署        役職     

  問合わせ先 : ㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部 中村、脇坂
             福岡県久留米市百年公園1-1
             Tel:0942-37-6124 Fax:0942-37-6367
             E-mail:fbv@krp.ktarn.or.jp

  申込み締め切り:平成23年3月4日(金)

  詳しくは 地図http://www.krp.ktarn.or.jp/access.html  を参照ください。