No.258

差出人: "福岡県バイオ産業拠点推進会議" <fbv@krp.ktarn.or.jp>
宛先: "BIOメルマガ確認メール" <bio@ml.krp.ktarn.or.jp>
件名: バイオ推進会議からのお知らせ:No.258
日時: 2010年10月29日 10:31
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.258
===========================================
     事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     「がんに強い!人に優しい!重粒子線がん治療」講演会のご案内

 皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 平成22年11月22日に、福岡市で「がんに強い!人に優しい!重粒子線がん治療」講演会が開催されますので、ご案内致します。
 詳細、お申込みにつきましては、公益財団法人ノ佐賀国際重粒子線がん治療財団までお願い致します。

「がんに強い!人に優しい!重粒子線がん治療」講演会

 さて、今や日本人の2人に1人ががんにかかる時代を迎え、体を切らずに治す、そして通院で治すことができる世界最先端のがん治療「重粒子線がん治療」に期待が集まっています。
 九州新幹線「新鳥栖駅」前でも、経済界、医療界、大学、行政が協力して取り組む「九州国際重粒子線がん治療センター」プロジェクトが、いよいよ建設段階と進みだそうとしています。
 こうしたなか、世界で初めて重粒子線を使ったがん治療用装置を開発し、これまで5,400症例を超える治療実績を重ねている放射線医学総合研究所(以下「放医研」)が主催する講演会が下記のとおり開催されます。
 この講演会を通じて重粒子線がん治療の良さに触れ、「九州国際重粒子線がん治療センター」の開設によって、身近な九州のなかで世界最先端のがん治療が受けられるようになることの意義を多くの皆様にご理解いただければ幸甚です。

 ◆日 時:平成22年11月21日(日) 13:30~16:50

 ◆場 所:福岡国際会議場多目的ホール
       (福岡市博多区石城町2-1 TEL:092-262-4111)
       http://www.marinemesse.or.jp/congress/access/

 ◆テーマ講演:①「世界最先端、重粒子線がん治療装置」
          ②「重粒子線がん治療とその成績」

 ◆パネルディスカッション:「九州初、重粒子線がん治療施設の期待」

【申し込み・問い合わせ先】
  公益財団法人ノ佐賀国際重粒子線がん治療財団(北村、堀田)
    TEL 0942-81-1897  FAX 0942-81-1905

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信停止や推進会議に対するお問い合せは
fbv@krp.ktarn.or.jpまで
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/