No.239

差出人: "福岡県バイオ産業拠点推進会議" <fbv@krp.ktarn.or.jp>
宛先: "バイオ推進会議メーリングリスト" <bio@ml.krp.ktarn.or.jp>
件名: 福岡県バイオ推進会議からのお知らせ239
日時: 2010年5月28日 10:41
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   福岡県バイオ産業拠点推進会議からの御案内 No.239
========================================
     事務局)㈱久留米リサーチ・パーク バイオ事業部
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <<久留米大学病院情報部からのご案内>>

来る5月29日に福岡国際会議場501号室にて午後2時~5時に市民公開シンポジウム『九州に医療クラスターを』が開催されます。

主催 NPO法人 健康医療開発機構 http://www.tr-networks.org/
共催 福岡市
協賛 株式会社ロハスメディア http://www.lohasmedia.co.jp/

開催趣旨:
日本各地でPET検診と温泉旅行を組み合わせるなど,メディカルツーリズムが注目されています。
医療よりもそれ以外の経済波及効果が大きいことに目が奪われがちですが,海外では,高度先進医療を求めて世界中から患者さんが集まる例がたくさんあります。

医療崩壊が問題となっているような日本では,このままでは,先進医療を求めて患者さんが海外にどんどん流出して行ってしまう日が来てしまうかもしれません。
実際,現状でも心臓移植術を受けるために海外に行かれる患者さんが後を絶たない,という事実があるのです。
ミシュランの三つ星レストランを求めて海外にまで食事に行く人がいるように,患者さんは高度先進医療を求めてどこへでも行ってしまう時代に突入しているのです。
そうなってしまえば,医療による経済立て直しなど,絵空事になってしまうのではないでしょうか。
今回のシンポジウムは,わが国の医療に突きつけられている課題と可能性について,専門家と首長が語り合います。

■次第:
14:30 開場
15:00~16:00 講演
高橋伸佳・JTBヘルスツーリズム研究所所長
夏目隆史・亀田総合病院メディカルディレクター
土屋了介・癌研究会顧問(前国立がんセンター中央病院院長)
16:00~17:00 パネルディスカッション
座長(司会 薬師寺道明・久留米大学学長
パネリスト 上記3講演者に加え
吉田 宏・福岡市長 
古川 康・佐賀県知事
山田 亮・久留米大学先端癌治療研究センター所長

■問合せ先
株式会社 ロハスメディア
info@lohasmedia.co.jp (川口)